Bitmap-EX:ビットマップスクリプト


トップページへ | RGSSスクリプトへ

Bitmap-EX ビットマップスクリプト

最終更新:2018/07/27 22:44:01
モザイクがかけられた例 球体マッピングの例

ビットマップに対して様々なエフェクトをかけることができるようになります。 これにより、ビットマップの表現の幅が広がります。

XP環境では、Capture-EX 画面キャプチャスクリプトと併用することで(VXでは Graphics.snap_to_bitmap メソッドを併用することで)更に効果的なエフェクトを得ることができます。

任意のビットマップをpngファイルに書き出す機能を搭載しています。

アニメーションGIFを呼び出すことができます。暗号化アーカイブの内部からでも読み込めます。

高速なテキスト描画を備えています。これにより、テキストの描画が従来のと比較して、約62%高速となります。

グラデーションが掛かった線、円、ポリゴンを描画することができます。

こんな方にお勧めです

標準準拠のエフェクトでは物足りない方

拡散エフェクトがかけられた例

このスクリプトでは、モザイクやブラー処理、拡散などのエフェクトが搭載されています。これらによって効果的なエフェクトを得ることができます。特にXP環境ではVXで新たに搭載されたエフェクトも使うことができるようになります。

▲このページの先頭へ

このスクリプトの機能紹介

エフェクト処理

反転がかけられた例

ビットマップに対してモザイク、反転、放射状ブラーなどの様々なエフェクトをかけることができるようになります。 これにより、表現の幅が大幅に広がります。また、これらのエフェクトは、ビットマップごとにかけることができ、元の画像を壊さずに新しい画像にエフェクトをかけることができます。

図形描画

図形描画の例

ビットマップに図形描画を行う事ができます。線の太さは勿論のこと、先端のスタイルや線の種類も自由に設定できます。塗りつぶしもサポートしており、グラデーションに対応しています。そのため、複雑な形状のゲージなどを作成することができるようになります。

▲このページの先頭へ

著作権表示・謝辞

wfbitmap.dll は、libpng 1.5.4を使用しています。 libpngを作成してくださった、Glenn Randers-Pehrsonに深い感謝の意を表します。

* libpng version 1.5.4 - July 7, 2011
* Copyright (c) 1998-2011 Glenn Randers-Pehrson
* (Version 0.96 Copyright (c) 1996, 1997 Andreas Dilger)
* (Version 0.88 Copyright (c) 1995, 1996 Guy Eric Schalnat, Group 42, Inc.)

The zlib/libpng License
http://opensource.org/licenses/zlib-license.php

zlib/libpngライセンス(日本語訳)
http://sourceforge.jp/projects/opensource/wiki/licenses%2Fzlib_libpng_license

wfbitmap.dllは、GIFLIB 4.1.6を使用しています。 GIFLIBを作成してくださった、Eric S. Raymondに深い感謝の意を表します。

The GIFLIB distribution is Copyright (c) 1997  Eric S. Raymond

内挿法にバイリニアを使用するメソッドのアルゴリズムを提示してくださった 本棚様に深い感謝の意を表します。 本スクリプトのstretch_blend_bltには本棚様が開発してくださった素材が含まれています。
http://www.tekepon.net/fsm/modules/imgbb/viewtopic.php?topic_id=3228&forum=12

▲このページの先頭へ

導入の手順

Bitmap-EX ビットマップスクリプトを導入する手順は次の通りです。共通スクリプトは、rev-28以降が必要となります。

  1. はじめてWF-RGSS-Scriptを導入する場合は、共通スクリプトを導入します。 旧いバージョンの場合も同様に導入が必要な場合があります。
    「共通スクリプト導入方法」へ
  2. Bitmap-EX ビットマップスクリプト共通スクリプトより下、Mainより上に導入してください。
  3. wfbitmap.dll をゲームディレクトリに入れます。
  4. フォントを用いるときは、Fontsディレクトリを作成し、その中にフォントファイルを入れてください。
    ※rev-8.7よりRTPのフォントも認識するようになります。
    ※システムにインストールされていないフォントのみ(例 UmePlus Gothic)行ってください。
▲このページの先頭へ

修正履歴

  • rev-13.1(2013-3-29)
    • ガンマ補正と色相合成が利用可能となる。
  • rev-13(2013-3-28)
    • 自由変形、円形、球形ブレンディングが使用可能となる。
    • 鉛筆画調の効果が使用可能となる。
    • 先鋭化フィルタが使用可能となる。
  • rev-12.3(2013-3-22)
    • 回転ブレンディングの内挿法が選択可能となる。
  • rev-12.2(2013-3-20)
    • 回転ブレンディングが使用可能となる。
  • rev-12.1(2013-3-20)
    • ストレッチブレンディングの方法を選択可能にする
    • 通常転送が仕様通りにいってない不具合を修正
  • rev-12(2013-3-18)
    • ビットマップ転送のストレッチブレンディング処理を行うことが出来るようになる。(本棚様情報ありがとうございます。)
  • rev-11(2013-3-7)
    • 3Dフォントと球体マッピングが使用できるようになる。※上級者向け機能
  • rev-10.1(2012-10-15)
    • 図形描画で負の値を指定すると非常に大きな値が指定される不具合を修正
  • rev-10(2012-9-18)
    • 3Dのトランスフォームを行えるようになる。
  • rev-9.1(2012-7-23)
    • Font.new(name,size)とやるとArgumentErrorで落ちる不具合を修正
  • rev-9(2012-6-21)
    • RGSS3の暗号化アーカイブから、GIFファイルが読み込めるようになる
    • GIFファイルの解放処理が異常なため、複数のGIFファイルを扱うと落ちることがある不具合を修正
  • rev-8.7(2012-4-30)
    • RGSS3のフォントが読み込めない不具合を修正
  • rev-8.6(2012-2-11)
    • フォントサイズがfloatで設定されているとき、落ちる不具合を修正
  • rev-8.5(2011-12-1)
    • RPGツクール(R)VXAceに対応
  • rev-8.4(2011-11-25)
    • ベジエ曲線、円弧が描画できるようになる。
    • 先端のスタイルが設定できるようになる。
  • rev-8.3(2011-11-24)
    • グレースケールとラスタースクロールが行えるようになる。
  • rev-8.2(2011-11-24)
    • グラデーション文字が出力できるようになる。
  • rev-8.1(2011-11-23)
    • 単色図形描画が動かない致命的な不具合を修正
    • 閉カーブが正しく書けない不具合を修正
    • 線の種類を選択できるようになる
  • rev-8(2011-11-23)
    • 閉カーブ、カーブ、パイ描画を行うことが出来るようになる。
    • 円、ポリゴン、閉カーブ、パイ状のテクスチャを貼り付けることができるようになる。
  • rev-7(2011-11-22)
    • ライン・円・ポリゴン描画を行うことが出来るようになる。
  • rev-6.4(2010-12-19)
    • システムにインストールされていないフォントが読み込めない不具合を修正
  • rev-6.3(2010-11-6)
    • align が0以外のとき正しい位置に設置されない不具合を修正
  • rev-6.2(2010-11-5)
    • エイリアスメソッドが間違っていた不具合を修正
  • rev-6.1(2010-11-4)
    • 文字が少々大きく出力される問題を修正
  • rev-6(2010-11-3)
    • 高速な文字列描画機構を追加
  • rev-5(2010-10-30)
    • アニメーションGIFに対応
  • rev-4.2 (2010-9-30)
    • ブレンディングの種類を増加
  • rev-4.1 (2010-8-15)
    • アルファ付きの転送がうまくいかない不具合を修正
  • rev-4 (2010-8-14)
    • ビットマップ転送のブレンディング処理を行うことが出来るようになる。
  • rev-3.1 (2010-3-12)
    • 既に解放していたビットマップ操作が出来てしまうために落ちる不具合を修正
  • rev-3 (2010-2-23)
    • png書き出しに対応
  • rev-2 (2008-6-28)
    • ポスタライズと高速ゲージの追加。
  • rev-1.1 (2008-4-18)
    • モザイクが正常に動作しなかった不具合を修正
    • ぼかしの強度を上げる
    • 処理速度を若干高速化
  • rev-1 (2008-4-17)
    • 初版公開
▲このページの先頭へ

トップページへ | RGSSスクリプトへ
WHITE-FLUTE Web.
URIhttp://www.whiteflute.org/
©2006-2021 WHITE-FLUTE all rights reserved.
Powered by Gumiki A2S ver2.4